BIG WALK KYUSHU 2012

アクセスカウンタ

zoom RSS The Treaty of Trade and Navigation 日蘭通商航海条約

<<   作成日時 : 2016/01/20 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


日本人がオランダで働く場合、1912年に締結された日蘭通商航海条約(The Treaty of Trade and Navigation between the Netherlands and Japan)による特権がある。

通商航海條約原文 (PDF)

邦文 日本国外務省 2016年1月20日閲覧
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/A-S38%282%29-131.pdf

英文 
http://www.jstor.org/stable/pdf/2212312.pdf



オランダにおける日本人に対する労働許可及び滞在許可に関する手続きの変更について
2015年5月15日
(在オランダ日本国大使館)

 2014年12月24日の国家諮問評議会の判決(※1)を受けて、在オランダ日本国大使館からオランダ政府に本判決に基づく労働許可及び滞在許可に関する手続の変更について照会しました。オランダ政府から要旨以下(1.及び2.)の回答がありましたのでお知らせします。

1.日本人(その家族を含む。)は、オランダ国内で働こうとする場合、滞在日数にかかわらず「労働許可」を取得する必要はなくなった。
2.オランダ国内で働こうとする日本人(その家族も含む。)は、引き続き「単一許可」(Single permit)(※2)によって滞在許可を取得する必要があるが、この手続において、「労働市場に関する助言」が不要となり、以下(1)〜(4)の基準により滞在許可が得られることになる。
 (1)生計を立てるのに十分な手段を有していること
 (2)公序に対する脅威がないこと
 (3)有効な旅券を有していること
 (4)仕事又は採用通知を有していること

 なお、具体的な手続等や詳細に関する確認については、下記リンクを参照の上、オランダ移民局(IND)にお問い合わせ下さい。

https://ind.nl/EN/business/employer/newsletters/Pages/Council-of-State%27s-ruling-on-the-matter-of-two-conventions.aspx

※1 国家諮問評議会は、1912年に締結された日蘭通商航海条約における最恵国待遇条項を根拠に「日本国籍者は今後労働許可の取得が必要ない」との判決を下した。
※2 「単一許可」とは、非EU国民の労働を許可する滞在許可のこと。

*(出所:I amsterdam)日本国籍の皆様への滞在許可に関する手続のご案内 こちら

在蘭日本商工会議所HP より
http://www.jcc-holland.nl/-permit-jp.html




関連記事

日本人に認められた特権。日蘭条約を活用した「オランダ起業」のメリット
http://www.lifehacker.jp/2015/07/150718nederland_self_employed.html

100年前の条約はまだ生きていた。オランダ大使館で聞いた日本人が知らない特権
http://www.lifehacker.jp/2016/01/160118holland_embassy_nfia.html






go to Top トップページへ戻る    Copyright(C) 2011-2016 Big Walk Kyushu 2012 Executive Committees All rights reserved.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The Treaty of Trade and Navigation 日蘭通商航海条約 BIG WALK KYUSHU 2012/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる