Big Walk Kyushu 2012 旅日記 4月14日 出発セレモニー 1


1600年4月日本人とオランダ人が初めて出会った大分県臼杵市黒島で、

臼杵市および大分県オランダ友好親善協会の共催のもと、出発セレモニーが行われた。


佐志生の浜から連絡船に乗り黒島へ向かう。



画像



黒島に到着し、船着き場を出たところで、「ようこそ黒島へ」と「日蘭交流歴史ウォーク2012」の看板が出迎えた。



画像



ニンケ・トローステル駐日オランダ王国主席公使の挨拶でセレモニーが始まった。



画像



最初のイベントは、412年前に日本人とオランダ人が初めて出会った「日蘭の出会い」を再現。


記念広場に描かれた地図のオランダにオランダ人が集まり、



画像



地図の日本・黒島に日本人が集まった。



画像



オランダ人はデ・リーフデ号の航路を辿る。



画像



オランダ人が日本・黒島に到着すると、日本人は暖かく迎えた。



画像



412年目の、日本とオランダの出会いが再現された瞬間。


最初はトローステル主席公使と黒島代表の渡辺さんとの交流。



画像



到着したオランダ人たちと出迎えた日本人たちがそれぞれ交流し、「日蘭の出会い」終了。



画像




次のイベントは「日蘭交流歴史の絆」宣言。


宣言書のフィリップ・ドゥ・ヘーア大使のメッセージをトローステル主席公使がオランダ語で代読。



画像



翻訳された日本語メッセージを衛藤征士郎衆議院副議長が代読。



画像



既に臼杵市が署名した宣言書は、トローステル主席公使から渡辺黒島代表に渡され、



画像



メッセンジャーに託された。



画像



メッセンジャーは宣言書を運び、平戸市、長崎市でそれぞれ絆の署名をいただき、


「日蘭交流歴史の絆」の宣言が完結する。



画像

「日蘭交流歴史の絆」宣言書



-- 続く --
http://bigwalk2012.at.webry.info/201204/article_7.html


2012年4月14日
大分県臼杵市黒島






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック