De Logie op FIRANDO モンタヌスの平戸オランダ商館図

画像



モンタヌス著「日本誌」の「平戸オランダ商館の図」です。 [1669年]

モンタヌスは来日していないので模写でしょうか






アルノルドゥス・モンタヌス@Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%82%B9

アルノルドゥス・モンタヌス(Arnoldus Montanus、1625年 - 1683年)は、オランダの宣教師、歴史学者。

世界中の地理歴史についての書物を多数著した。日本に関しては、1669年著の『東インド会社遣日使節紀行』(通称「日本誌」 独:Gedenkwaerdige Gesantschappen der Oost-Indische Maetschappy aen de Kaisaren van Japan)がある。ただし、自身は一度も来日しておらず、イエズス会士の報告書や、使節の江戸参府紀行に基づいて著したとされる。




画像:出典

Title: The trading post on Hirado
http://www.geheugenvannederland.nl/?/en/items/KONB11:388A6-P-028-GRAV/&p=1&i=3&t=6&st=Hirado&sc=%28Hirado%29/&wst=Hirado

Date of creation: 1669
Place of creation: Amsterdam
Source: 388 A 6 (illustratie), Koninklijke Bibliotheek
Copyright: for information contact: Koninklijke Bibliotheek
Remark: From: Gedenkwaerdige Gesantschappen (Memorable Missions)

Having obtained a trade pass from the Japanese government in 1609, the Dutch established a trading post on the island of Hirado to the northwest of Nagasaki. Jacques Specx (c 1588-c 1652) was put in charge and succeeded in establishing good relations with the local authorities. The Dutch lived in relative freedom on Hirado; some of them intermingled with the native population and got married. However, in 1639, the Japanese government ordered all half-bred children to leave the country. Finally, in 1641, the Dutch had to raze the trading post to the ground and moved to the artificial island of Deshima in the bay of Nagasaki.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 平戸オランダ商館20万人

    Excerpt: 平戸市大久保町に復元された平戸オランダ商館の入館者が5日、20万人を達成した。記念セレモニーでは佐賀市の会社員、松尾郁子さん(19)に記念品が贈られた。 Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2014-07-09 19:48